学校案内
学院長挨拶

学院長
佐藤 吉壮 Yoshitake SATO

 本学院は、昭和28年に「太田准看護婦学校」として創立しましたが、昭和33年に2年課程の看護師養成所となり「太田高等看護学院」と改称、平成4年には3年課程の専修学校へと変更し、今日に至っています。
 母体の太田記念病院は、第三次救急医療機関として救命救急センターや心臓血管センター、地域周産期母子医療センター等を設置し、緊急性の高い、重症疾患の集中的治療・管理を行っております。また、医師をはじめとする多くの職員の連携と協力によるチーム医療が行われ、看護学生や救急救命士等の実習を行う教育機関として群馬県の救急医療のレベルアップに貢献できるよう取り組んでおります。本学院の特色は、太田記念病院に隣接することをフルに活かしたカリキュラムを編成し、充実した学習環境を備えていることです。
 看護師になりたいという強い志を持った学生の入学をお待ちしております。その願いの実現に向けて、教職員一同がチームとなり力を合わせて支援いたします。

写真をクリックすると拡大表示されます。

ページの先頭に戻る


沿革

当校の歴史

1938年(昭和13年)
1939年(昭和14年)
1945年(昭和20年)
1946年(昭和21年)
1953年(昭和28年)
1958年(昭和33年)
1992年(平成 4年)
1994年(平成 6年)
2012年(平成24年)
11月
4月
8月
4月
4月
4月
4月
3月
6月
中島飛行機太田製作所附属太田病院開院
太田病院附属看護婦養成所開校
終戦で閉校(病院も閉鎖)
太田病院開院
太田准看護婦学校開校
太田高等看護学院(2年課程)開校
太田高等看護学院3年課程開設
2年課程廃止
新校舎移転

ページの先頭に戻る


教育理念

 豊かな人間性を育むとともに、医療の高度化・進展に対応しうる専門的知識・技術を基盤とした科学的根拠に基づく看護実践能力を養います。さらに、将来、さまざまな地域の保健医療福祉活動に貢献できる看護専門職者としての基盤を築きます。

ページの先頭に戻る


教育目的

 さまざまな地域に生活しているあらゆる人々を対象に、健康の保持増進、健康の回復、苦痛の緩和を行い、生涯を通して最期までその人らしく生を全うできるように援助する方法を学びます。この過程を通して、人間に対する関心と理解を深めます。また、科学的根拠に裏付けられた専門的知識・技術を身につけ、人間としての尊厳を守り、チーム医療を実践できる看護師を育成します。

ページの先頭に戻る


教育目標

1. 看護専門職者として生涯継続的に学習できる自律性を備えた人材を育成する。
2. 人間に対する強い関心と深い理解を示し、看護の対象となる人々の尊厳を尊重した行動がとれる人材を育成する。
3. 専門的知識・技術を活用した科学的根拠に基づいた看護を実践するため、次の基礎的能力を育成する。
・対象者の健康問題/生活過程に対する反応を判断する能力
・対象者の個別性に応じた援助を提供する能力
・医療安全対策の適用の判断と実施する能力
4. 保健医療チームにおける看護専門職者としての責任を自覚し、他職種と協働できる人材を育成する。
5. 理論と実践を連関させ、看護現象を探究し、看護の価値を見出す人材を育成する。

ページの先頭に戻る


卒業時までの到達目標

 本学院では、次の目標に到達するためのカリキュラムを編成し、その修得を支援します。

1. 自ら学び、自ら考え、主体的に判断・行動し、よりよく問題を解決していくという自律性を備える。
2. 人間の生涯とその生活および健康状態における普遍性と多様性に強い関心と深い理解を示す。
3. 専門的知識・技術を活用した科学的根拠に基づいた看護を実践するための基礎的能力を持つ。
4. 喜びや痛み、苦しみを分かち合える温かい心を持ち、人間としての尊厳を尊重した行動がとれる。
5. 他職種と協働し、質の高い看護が提供できるよう、保健医療チームの一員としての責務を見出す。
6. 理論と実践を連関させ、看護の価値を見出す。

 本学院のカリキュラムは、太田記念病院に隣接するという特性をフルに活かし、各科目が系統的に学習できるように編成してあります。

ページの先頭に戻る


アドミッションポリシー

 太田高等看護学院では、本学院の教育理念・教育目的を達成するために、次のような学生を求めています。

1. 相手の話に耳をよく傾け、自分の考えを適切に表現しようとする人
2. 人間への深い理解と関心を示し、相手の個性を尊重して協調しようとする人
3. 問題に自ら進んで向き合い、柔軟な考えで解決しようとする人
4. 積極的に学ぼうとする人

ページの先頭に戻る


卒業後の資格

1. 看護師国家試験の受験資格
2. 保健師学校・助産師学校および養護教諭養成課程の受験資格
3. 大学編入資格
4. 専門士の称号

ページの先頭に戻る


看護師国家試験合格率

 本校は昭和33年4月から看護師養成を開始し、59年の長い歴史のなかで常に高い国家試験合格率を保っています。
 1年次より計画的に取り組み、2年次からは学内模擬試験で弱点を見つけ、克服して行きます。
 3年次では全国模擬試験で国家試験に慣れると共に、集中力や精神面でもレベルアップを図ります。
 夏期休暇や冬期休暇中でも学校の図書室等にて自由に学習する事ができ、先生に相談する事もできます。


ページの先頭に戻る


卒業生の進路

就職進路状況(平成25年度〜平成28年度)

 卒業生の多くは、群馬県内を始めとして急性期の病院で活躍をしています。助産師や保健師を希望して進学する卒業生や、就職後に大学に進学する人もいます。

県内
太田記念病院
群馬県立がんセンター
群馬大学医学部附属病院
桐生厚生病院
東邦病院
前橋赤十字病院
利根中央病院
鶴谷病院
慶友整形外科病院
伊勢崎福島病院
伊勢崎市民病院
石井病院
恵愛堂病院
県外
足利赤十字病院
篠ノ井総合病院(長野)
栃木県立病院
三井記念病院(東京)
東大宮メディカルセンター(埼玉)
順天堂大附属練馬病院
新小山市民病院
進学
桐生大学助産別科
栃木県立衛生福祉大学校保健学科

ページの先頭に戻る


在学中の諸費用

1年次 2年次 3年次 合計
入学金 200,000円 200,000円
授業料(年間) 600,000円 600,000円 600,000円 1,800,000円
施設整備費 60,000円 60,000円 60,000円 180,000円
教科書代※ 110,000円 35,000円 11,000円 156,000円
ユニホーム代※ 25,000円 25,000円
その他※ 93,000円 35,000円 65,000円 193,000円
1,088,000円 730,000円 736,000円 2,554,000円
注意 ※欄の金額は概算になっています。

ページの先頭に戻る


特待生制度

 一般選抜のみ、入学試験において成績が優秀な者(若干名)に対し、入学金の免除制度があります。

ページの先頭に戻る


修学金・奨学金について

1. SUBARU健康保険組合 太田記念病院修学金
卒業後、太田記念病院に看護師として勤務する意思のある学生に貸与されます。
太田記念病院の就職試験に合格し、一定期間就業した場合には返済が免除されます。
2. 日本学生支援機構奨学金
3. 群馬県看護師等修学資金

ページの先頭に戻る



ホーム学校案内カリキュラムキャンパスライフ入試案内オープンキャンパスQ&A集アクセス・お問い合せ
SUBARU健康保険組合 太田高等看護学院 〒373-0055 群馬県太田市大島町461-1 TEL.0276-55-2450
Copyright© OTA NURSING COLLEGE. All Rights Reserved. 画像・記事の無断転載は禁止します。